青汁タイム実際に飲んで青汁ランキングを紹介

ケール粉末100%青汁(山本漢方製薬)

本日の青汁は、ケール粉末100%青汁(山本漢方製薬)です。 パッケージには青汁売上メーカー第1位と記載されています。

3g×44袋でアマゾンで実売価格1,407 円で購入、1袋あたり約32円です。 グラムあたりに換算すると 1,407円/132g で、1gあたり約10.66円となります。

原材料を確認するとケールとしか記載されていません。 パッケージ裏の紹介文には、 「ケールを水洗いしてそのまま乾燥、殺菌、微粉末加工した100%の純粉末です。」 とあります。 まさに、シンプルなザ・青汁といったところ。

ケールというのは、アブラナ科の野菜です。 どこかキャベツと似ていますが、キャベツも同じくアブラナ科の野菜でケールはキャベツの原種に近いとのことです。 キャベツの和名は甘藍(かんらん)、ケールの和名は緑葉甘藍(りょくようかんらん)と名前もよく似ています。

栄養成分表示を見ると、ビタミン・カルシウム・マグネシウム・植物繊維などが摂れそうです。

では、実際に飲んでみましょう。

見た目は小麦粉みたいなパウダー状で、まるで抹茶のようです。 100mlの水、豆乳、牛乳などに溶かして飲むとのことですから、今回は水で溶いてみようと思います。 だいたい100mlの水で溶かします。

これはいい! 個人的な好みですが、甘くないのがいい。 あと香料が無いのがいい。

ケール100%というだけあって、シンプルで自然な感じの味です。 無糖無塩のキャベツジュースといったら伝わるでしょうか。 キャベツとほうれん草の中間みたいな感じ。 毎日飲める素朴な青汁です。

本日の青汁タイムは以上です。

実際に購入して飲み比べた
青汁ランキング

  1. まろやかケール(ヤクルト)

    大分県国東半島産のケールを朝摘みして、生葉搾りした青汁。

  2. ケール粉末100%青汁(山本漢方)

    ケール100%、糖分・香料なしのシンプルな青汁。

  3. 青汁のめぐり(ヤクルト)

    大麦若葉ベースのマイルドな飲みやすい風味で、食物繊維とガラクトオリゴ糖が摂れる。

  4. 私の青汁(ヤクルト)

    大麦若葉ベースのマイルドな飲みやすい風味で、食物繊維が摂れる。

  5. 朝のフルーツ青汁(ヤクルト)

    大麦若葉由来の栄養とフルーツ由来の食物繊維やビタミンCが摂れるジュース感覚の青汁。

  6. 青汁と21種類の野菜(Asahi)

    保存料・着色料無添加でいろんな種類の野菜を摂れる。

  7. 桑の葉若葉 粉末青汁100%(山本漢方)

    桑の葉100%の青汁。糖分なし。見た目も香りも味わいもまさに抹茶のよう。

  8. キトサン明日葉青汁(小林製薬)

    コレステロールを低下させる効果があるキトサンを配合。

  9. 金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素(日本薬健)

    25種の純国産野菜を使用した大麦若葉ベースの青汁。

  10. 4種の九州産野菜使用青汁(芙蓉薬品)

    九州産の大麦若葉・ケール・明日葉・ゴーヤ使用した香料・着色料無添加の青汁。

  11. おいしいフルーツ青汁(ユーワ)

    甘酸っぱさに特徴のあるフルーツ青汁。