青汁タイム実際に飲んで青汁ランキングを紹介

桑の葉若葉 粉末青汁100%(山本漢方)

本日の青汁は、桑の葉若葉 粉末青汁100%(山本漢方)です。 桑の葉100%の青汁です。

2.5g×28包でアマゾンで実売価格754円で購入、1袋あたり約27円です。 グラムあたりに換算すると 754円/70g で、1gあたり約10.7円となります。 青汁を実売価格でグラムに換算すると、だいたい1gあたり10円前後になるので、およそ平均的な価格設定かと思います。

この商品は1袋あたりの量が少なく袋の数が多いので、低価格で長持ちするように感じられるかもしれません。

パッケージの表には「甘みが気になる方」と記載されています。 原材料名欄には「桑の葉」とだけ記載されていて糖分などは含まれていません。

この青汁を製造している山本漢方製薬は愛知県小牧市の会社ですが、他にも 「ケール粉末100%青汁」 や 「大麦若葉粉末100%青汁」 などを製造しています。 いずれも糖分を添加しておらず、ケール・大麦若葉・桑の葉若葉などの主原料のみを使用した青汁です。

青汁売上1位のメーカーとのことですが、個人的にも甘くないシンプルな青汁に好感を持っています。

では、実際に飲んでみましょう。

見た目は抹茶のようです。粉から立ち上る香りもまさに抹茶。

100mlの水、豆乳、牛乳などに溶かして飲むとのことですから、今回は水で溶いてみようと思います。 だいたい100mlの水で溶かします。

他の商品に比べると、やや水に溶けにくいかもしれません。 専用のシェーカーがあるらしく、山本漢方製薬まで切手300円分を郵送するとシェーカーが送られてくるようです。 私はシェーカーを注文していないので箸でダマをつぶして粉末を溶かしますが、それで十分溶けきります。 シェーカー無しでも大丈夫ですが、あるほうが便利という程度だと思います。

味は…やっぱり抹茶みたいです。 抹茶ですよと言って出されたら、うっかり信じるかもしれないくらい抹茶に似ています。 糖分の甘さが無くスッキリ飲めますから、抹茶が好きなら抵抗なく飲める味かと思います。

本日の青汁タイムは以上です。

実際に購入して飲み比べた
青汁ランキング

  1. まろやかケール(ヤクルト)

    大分県国東半島産のケールを朝摘みして、生葉搾りした青汁。

  2. ケール粉末100%青汁(山本漢方)

    ケール100%、糖分・香料なしのシンプルな青汁。

  3. 青汁のめぐり(ヤクルト)

    大麦若葉ベースのマイルドな飲みやすい風味で、食物繊維とガラクトオリゴ糖が摂れる。

  4. 私の青汁(ヤクルト)

    大麦若葉ベースのマイルドな飲みやすい風味で、食物繊維が摂れる。

  5. 朝のフルーツ青汁(ヤクルト)

    大麦若葉由来の栄養とフルーツ由来の食物繊維やビタミンCが摂れるジュース感覚の青汁。

  6. 青汁と21種類の野菜(Asahi)

    保存料・着色料無添加でいろんな種類の野菜を摂れる。

  7. 桑の葉若葉 粉末青汁100%(山本漢方)

    桑の葉100%の青汁。糖分なし。見た目も香りも味わいもまさに抹茶のよう。

  8. キトサン明日葉青汁(小林製薬)

    コレステロールを低下させる効果があるキトサンを配合。

  9. 金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素(日本薬健)

    25種の純国産野菜を使用した大麦若葉ベースの青汁。

  10. 4種の九州産野菜使用青汁(芙蓉薬品)

    九州産の大麦若葉・ケール・明日葉・ゴーヤ使用した香料・着色料無添加の青汁。

  11. おいしいフルーツ青汁(ユーワ)

    甘酸っぱさに特徴のあるフルーツ青汁。