青汁タイム実際に飲んで青汁ランキングを紹介

おいしいフルーツ青汁(ユーワ)

本日の青汁は、おいしいフルーツ青汁(ユーワ)です。 国産大麦若葉を使った青汁で、そこへ21種類の野菜、75種類の植物発酵エキスが配合されています。 75種類の植物発酵エキスのうちの少なくとも11種類はフルーツです。

イチゴ・リンゴ・トマト・カキ・キウイフルーツ・プルーン・ブドウ・モモ・レモン・ブルーベリー・ナシ・イチジク、他63種類で75種類です。 ちなみにトマトは野菜か果物かという問題はよく議論になるようですが、トマトは木にならず一年ごとに苗から育てて収穫するので野菜という理解で良いようです。

このおいしいフルーツ青汁(ユーワ)には1包辺り乳酸菌200億個が配合されていますから、青汁を飲むついでに腸内環境を整えてくれそうです。 最近は腸内フローラの状態が良くなると脳や性格にまで良い影響が出ると言われていますね。 私は腸内フローラの学説を信じているのですが、信じる者にとっては乳酸菌配合は青汁選びのポイントになります。

では、実際に飲んでみましょう。

見た目は小麦粉みたいなパウダー状です。 うっすらとフルーツの香りがするような…。 100mlの水か牛乳に溶かして飲むとのことですから、今回は水で溶いてみようと思います。 だいたい100mlの水で溶かします。

飲んでみると、確かにフルーツの味と香りがします。 ミックスジュースと青汁を混ぜたような味。 香料と甘味料が入っていますね。 パッケージを見ると、甘味料にはアスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物が記載されています。

味はどうかと問われると、フルーツ味で飲みやすいと答えることもできるし、青汁のフルーツ味には違和感があると言えなくもない。 酸味のある青汁、甘酸っぱい青汁を想像してみてください。 まあ、飲めないということはありません。

私は青汁にあえてフルーツ感を求めませんので、フルーツ味かどうかはどちらでもいいかな。 野菜と乳酸菌が摂れるというのが、この青汁のメリットかなと思います。 牛乳で溶くと印象が変わるでしょうから、次回また試してみます。

本日の青汁タイムは以上です。

実際に購入して飲み比べた
青汁ランキング

  1. まろやかケール(ヤクルト)

    大分県国東半島産のケールを朝摘みして、生葉搾りした青汁。

  2. ケール粉末100%青汁(山本漢方)

    ケール100%、糖分・香料なしのシンプルな青汁。

  3. 青汁のめぐり(ヤクルト)

    大麦若葉ベースのマイルドな飲みやすい風味で、食物繊維とガラクトオリゴ糖が摂れる。

  4. 私の青汁(ヤクルト)

    大麦若葉ベースのマイルドな飲みやすい風味で、食物繊維が摂れる。

  5. 朝のフルーツ青汁(ヤクルト)

    大麦若葉由来の栄養とフルーツ由来の食物繊維やビタミンCが摂れるジュース感覚の青汁。

  6. 青汁と21種類の野菜(Asahi)

    保存料・着色料無添加でいろんな種類の野菜を摂れる。

  7. 桑の葉若葉 粉末青汁100%(山本漢方)

    桑の葉100%の青汁。糖分なし。見た目も香りも味わいもまさに抹茶のよう。

  8. キトサン明日葉青汁(小林製薬)

    コレステロールを低下させる効果があるキトサンを配合。

  9. 金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素(日本薬健)

    25種の純国産野菜を使用した大麦若葉ベースの青汁。

  10. 4種の九州産野菜使用青汁(芙蓉薬品)

    九州産の大麦若葉・ケール・明日葉・ゴーヤ使用した香料・着色料無添加の青汁。

  11. おいしいフルーツ青汁(ユーワ)

    甘酸っぱさに特徴のあるフルーツ青汁。